「第4回日本ロービジョン学会研修会」受講者募集のご案内

平成277月吉日

「第4回日本ロービジョン学会研修会」

受講者募集

日本ロービジョン学会研修委員会

委員長 田淵 昭雄

日本ロービジョン学会では、ロービジョンケアに関する知識の習得と技量の向上を目的とした研修会を平成24年から開催しております。

本年も第16回日本ロービジョン学会学術総会の最終日である1123日(月・祝)に、一橋講堂で第4回日本ロービジョン学会研修会を開催いたします。毎回、基礎的講習とアップデートな講習の2講習を行うことを原則としています。

本年の基礎的講習は光学的補助具の代表である「拡大鏡」について川瀬芳克先生(愛知淑徳大学健康医療科学部・教授)に、そして、眼科医が診断書の記載で悩みの種になっている「各種診断書」の書き方を永井春彦先生(勤医協札幌病院 眼科副科長)にお願いすることになりました。

多くの関係者が受講されることを希望しています。

会 期平成271123日(月・祝)

研修1 10時~1130分:「拡大鏡について」

    講師:川瀬芳克先生(愛知淑徳大学健康医療科学部・医療貢献学科・視覚科学専攻 教授)

研修2 1150分~1320分:「各種診断書の書き方」

講師:永井春彦(勤医協札幌病院 眼科副科長)

昼食は用意できませんので、軽食を各自ご持参の上、研修12の間にお召し上がり願います。

会 場一橋講堂中会議室(〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2学術総合センター

             電話:03-4212-3900

内 容研修1 拡大鏡はロービジョンケアの足掛かりであり恒久的に使用されます。多種類の拡大鏡の適切な使用法が解説されます。

    研修2 特に、身体障害者手帳申請書における視力、視野障害判定などが解説されます。

募 集(先着順): 研修1 100名  

研修2 150

研修費研修1 2,000(教材費含む) 研修2 1,000円 (両方受講:3,000円)

(日本眼科学会眼科専門医制度単位認定および日本視能訓練士協会生涯教育事業認定の申請中。日本ロービジョン学会会員の受講者に「受講証明書」を交付します。)

申込み方法:会員番号、所属、氏名、職種と連絡先をFAXまたはメールで下記にお願いします。その後、事務局から受講許可の連絡と受講料払込先を連絡いたします。

申込み先:日本ロービジョン学会事務局研修委員会係

FAX086-464-0320 メール:jslrr@mx3.kct.ne.jp

日時
平成27年11月23日(月・祝)
場所
一橋講堂中会議室
〒101-8439
東京都千代田区一ツ橋2-1-2学術総合センター
電話:03-4212-3900
主催
日本ロービジョン学会
情報発信/提供者
日本ロービジョン学会事務局研修委員会
その他
研修1は、定員(100名)に達しましたので、募集を終了いたします(平成27年9月15日)。
なお、研修2はまだ受講可能ですので、ご希望の方はお申込みください。