第12回JRPS網脈絡膜変性フォーラム

治療法の確立が待ち望まれている網膜色素変性症の患者を対象として、多くの臨床研究・治験が国内外で実施または計画されるようになってきました。本フォーラムでは、治療法研究の成果と展望を第一線の医師・研究者に講演していただきます。多数のご来場をお待ちしています。

対象:眼科医、行政・福祉関係者、患者・家族
入場無料

講演:網膜色素変性の治療の最前線 ~基礎研究から臨床応用へ~
1.網膜色素変性に対する視細胞保護治療:池田康博(九州大学)
2.網膜移植と再生医療(仮):万代道子(理化学研究所)
3.遺伝性網膜疾患:診断から治療へのアプローチ:藤波芳(東京医療センター)
4.チャネルロドプシンを用いた視覚再生(仮):冨田浩史(岩手大学)
5.人工網膜(仮):森本壮(大阪大学)
オーガナイザー:山本修一(千葉大学)、町田繁樹(獨協医科大学)

*本フォーラムは専門医認定事業です。

日時
2017年11月19日(日)9時50分~12時30分(開場9時)
場所
千里ライフサイエンスセンター5階ライフホール
(大阪府豊中市新千里東町1-4-2)
主催
主催:公益社団法人 日本網膜色素変性症協会(JRPS)
後援(予定含む):厚生労働省、大阪府、大阪市、日本ロービジョン学会、公益社団法人日本眼科医会、一般社団法人大阪府眼科医会、社会福祉法人大阪府社会福祉協議会、社会福祉法人大阪市社会福祉協議会、公益社団法人NEXT VISION
情報発信/提供者
公益社団法人 日本網膜色素変性症協会(JRPS)
その他
問い合わせ先 公益社団法人 日本網膜色素変性症協会(JRPS)
http://jrps.org/
Tel:03-5753-5156